<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マルです

マルが来て3週間が経ちました。

どこも桜が見頃の週末。
マルを連れて、靭公園に行きました。車の窓から外をキョロキョロ。
マルはお散歩初体験。

d0044825_22182928.jpg


最初は震えて動けなかったけれど、
少しずつ慣れてきました。でも不安げな表情。

d0044825_22185031.jpg


可愛い女の子と仲良くなって、なでなでしてもらいました。

d0044825_2219563.jpg



来週は初のトリミングです。根もとはチャコールグレーで毛先は黒。
カラスのような毛を揃えてもらって。
さてどんな毛色に成長するるのでしょうか。

↓ マリのおもちゃだったIKEAのぬいぐるみ(通称シルバー)と。

d0044825_2333319.jpg



マル、生後140日。体重1,5kg
昨日リビングから廊下にケージを移動。
抵抗なく入っておとなしく寝る。留守番も大丈夫。
ウンチは完璧。オシッコはまだまだ失敗あり。






+++ +++





マリが亡くなり、一月半が経ちました・
少し前のことですが、記録しておこうと思います。



先々代のワンコ、ミミ(ダックス9歳)が亡くなった時、
とても悲しかったけれど、5歳になるマリがいて、
私は親の介護もなく、日々のストレスもあまり感じない生活をしていたし、
まだ若く、耐えられる力があったのだと思う。

知人が愛犬(マルチーズ20歳)を亡くした時、
家事も手につかず、毎日泣いて暮らし
ペットショップに行っては、似ている犬を撫でて泣き・・
それを聞いて、ちょっとオーバーだわ・・と思っていた。

マリが亡くなった時、
夫はすぐに次の子を探そうと言った。
夫は一晩泣き明かし(大げさでなく)食事も取れなかった。
男の人があんなに泣くのを、初めて観た。

正直それを見たら引けて、
私は大丈夫よ・・と。

3日、5日と経つうちに、
我ながらちょっとヘン・・・と。

一人の時がいけない。

朝目覚めると、いつも横に居たマリを想い、
布団の上に居ないか、足で探ってみる。
咳が聞こえないか。

廊下をゆっくり、荒い息で歩く気配がない。
ソファに座ると、いつも乗せてくれとせがみ、
抱っこして一緒に横になった。
マリがいないので、丁度同じ大きさの、
マリがおもちゃにしていたぬいぐるみを抱いて寝た。

廊下に向かって、マリ~と呼んで見ることもあった。

最後の日、病院に連れて行った時の様子。
2時間後、呼ばれていった時の様子。
病院に置いてこずに、ずっと抱いていればよかったか。
最後の時、診療台の上より抱いてやればよかったか。

そんなことばかり思われて、
どうしようもない悲しさがこみ上げてきた。
両手で居もしないマリを抱きしめて泣いていた。

人間の死とは別物だ。
妹や、叔母が亡くなった時とは別の感情だ。

ペットショップに行ってみた。
やっぱり同じような大きさの犬を観て、
いやいや、別の犬なんてだめ。
マリが可哀想。もう犬なんて飼うまいと思う。

それより私のやることは、両親を看る事。
孫が帰って来たら、息子らの手助けがあるじゃないか。

自分の悲しさは押し込めて、
しなければならないことをしなくては。

そう思えば思うほど、落ち込んでいった。

もう楽しい事なんて無いのかもしれない・・なんてことまで思った。

どうやっても前向きになれない。
うつ病というものかもしれない。

これこそペットロスだったと思う。
ペットを亡くした事がある人でなければ解らないと思う。


そんな時、やはり愛犬を亡くしたお友達から電話があった。

マリちゃんは、幸せに生きて、幸せに死んだの。
次の子に生命の引き継ぎをしなさい。
孫はエコさんの子供じゃない。
両親の介護の励みになるのは、マリちゃんを引き継いだ子。
ご主人のためにも、早く探しなさい。
子犬は命の塊。元気の塊。
きっと助けてくれるから。
後ろばかり観ていては駄目。明るく前向きに生きなさい!

電話を切った途端、今までそばに居たマリが
すっと天国に行った気がした。

マリは十分愛してあげたから、後悔してはいけない。


マルが来て、モヤモヤした感情は一切無くなりました。
マリのことを思い出さない日はありません。
マルを見るにつけ、ミミはこうしたね。マリはこんなことしなかったね・・と、
ますますミミやマリの事を思い出しています。

マルもまた、見送る時がくるでしょうけれど、
それまで精一杯、可愛がってあげようと思います。
それに見合うだけの事を、日々返してくれていますから。
[PR]
by ekosblog | 2013-03-30 23:09 | わんこ | Comments(0)

その後

孫はまだ退院できません。
ガラス越しの面会が3度。
もちろん抱っこも、触ることもできません。

こんな事になるなんて、本当に夢にも思っていなかった。

生まれてすぐ、総合病院のNICU(新生児ICU)に運ばれ、
両親以外は面会出来ず、
容態は重篤ではないけれど、原因が不明の呼吸障害。
良くなったり悪くなったり。
逆流があって、お乳が収まらないことも重なって
鼻から胃へチューブで哺乳している。酸素チューブも。

毎日息子たちが撮ってくる写真は、沢山あるけれど、
チューブのない顔は、観たことが無い。
チューブを固定する絆創膏が痛々しい。
動きも表情も、とても元気に見えるのに。
一体何がいけないのだろう。

それも随分良くなって、少し・・少し退院のみ込みも立ってきた今週。
Cちゃんは、沐浴や直接の哺乳、チューブの扱いなどの練習に毎日通っている。
うまくお乳が収まって、チューブが取れて退院出来れば良いのだけれど。

ありとあらゆる検査をされて、
機械の音に囲まれて、
マスク姿の人達に世話をしてもらっている。
そんな孫が不憫。
早くみんなの笑顔で包んであげたい。

大きくなったら、せいぜい皆で愚痴りましょう。
ほんとにどれほど心配したかしれないよ~
いつまで抱っこ出来ないのかと、悲しかったよ。。って。

今ではNICUの中で、一番の大柄になってしまった孫。
おむつも肌着も小さくなって、持ち込みしている。

せめて可愛い肌着を着せて・・・と、
Cちゃんに託した。

Cちゃんと一緒にせっせと編んだニットも、
退院の時には温かくなって着れないかもしれない。
いや、写真だけでも良いから着せて撮りたい。

早く出ておいで~~

d0044825_18574273.jpg

[PR]
by ekosblog | 2013-03-28 18:58 | 家族 | Comments(0)

ヴィオラ

d0044825_1252081.jpg




徒長してきたヴィオラを選定しました。
桜も良いけど、ベランダの花々も今が見頃。
[PR]
by ekosblog | 2013-03-24 12:05 | その他 | Comments(0)

買い物

父母が二人でデイサービスに行くようになったけれど、
10時から15時というのは、あっという間に過ぎてしまいます。
二人の支度をして送り出すのは結構たいへん。
やっと送り出して、食事をしたらもう午前中はおしまい。

父母の家では、掃除洗濯を休めないけれど、自宅の掃除は後回し。
今は息子たちの夕飯も作っているので、
一日食事の段取りで終わっていまう感じのこの頃です。

来月からはデイの時間帯を変更し、
一日使えるようにしてもらう予定。
母がやっとデイを楽しんでくれるようになって、
大幅に介護計画を変更しました。

こうなるまで、3年。
でもまだまだこれからです。





今日は所用があってデパートへ。
優待割引だけど、最近は服も欲しいものが見当たらないし、
必要な物は優待除外だったり。


d0044825_22111326.jpg
割引の時に買うもの。夫の靴下。

割引除外の物、ハンドクリームとリップクリーム。

プレゼント用に買ったついでに便乗買いしたハンカチ。
ミナ・ペルホネンの可愛いプリント。

他にも明日の夕食用の、ラクレットチーズ。

久しぶりに出かけたけれど、
疲れるし、あっという間に帰る時間。

以前のように、ぶらぶらショッピング・・・はもう駄目だな。
欲しい物が見つかるまで、何度でも出かけたお買い物。
あんな元気な頃が懐かしい。







d0044825_22191147.jpg
マルがうちに来て10日です。
3ヶ月以上お店のケージに居たせいか、
ケージに入ればおとなしく、聞き分けの良い子です。
子犬らしくよく遊んで、でも夜10時を過ぎると
自分でハウスに入って寝ています。
温かくなったら、ハウスの場所を移動する予定ですが、
今はリビングで一人で夜を過ごします。
鳴きもせず、家人が起きてくるのを待っています。
今のところ、上出来のお利口さんです。







明日でマリが逝ってからひと月。
まだひと月なのに、他のいろんなことがあったせいか
ずっと以前の事のように思えます。

子犬らしい動きをするマルの様子を見るにつけ、
マリはやっぱり年老いていて、
心臓も弱っていて、咳もひどくなっていて
辛かったんだな・・・と思い知ります。

目も失って、それでも1年頑張って生きていた。
あの日亡くなったのは、仕方のない事だったんだ・・・と、納得できる。

外見は小さく、可愛いと思って観ていたけれど、
人間の何倍ものスピードで年老いるのだから。
寿命だったと。

両親や孫の事を心配する毎日。
その上また気がかりなものを背負い込むなんて・・
と思ったりしたけれど、
マリが死んで、マルが来て、
私の中で、人と犬とが
ちゃんと分けられているのが解るから、
それで良かった・・と思います。

なんだかうまく書けないけれど、
今はだた、日々の疲れや不安を、
マルに癒してもらっています。

小さな楽しみが、なかなか見つけられない今、
マルに助けてもらっています。

マルって名前。夫がつけたのですが、
ついついマリ・・って呼んでしまっています^^;
ま、いいか。。
[PR]
by ekosblog | 2013-03-22 22:17 | わんこ | Comments(4)

乗り越えて


春らしい日が多くなって来ました。



孫とガラス越しに対面が出来ました。

随分大きくなったね。
待っているから、早く出ておいで。

息子たち夫婦、私達、Cちゃんの両親。
それぞれの想いで、頑張っている小さな子を眺めました。

もうひと頑張り。






そして・・・

マリの命を引き継いた子犬がやってきました。

早すぎる?
夫も私も悩みました。

でも、こんな時だからこそ。



d0044825_11434092.jpg



新入りは、シルバーグレーのトイプードル♂生後4ヶ月。
マリと出会った同じペットショップ(自家繁殖)に居ました。

長くお店に居たので、ハウスでお留守番OK、トイレも70%OK。
でもまだまだやんちゃ盛り。これからです。

私達夫婦はもちろん、
長く我が子をしっかりと抱けない息子たち夫婦も、
とてもとても癒されています。

迷ったけれど、迎えて良かったと思います。

ミミやマリのように、皆で大切にします。

ブログでも時々様子をお知らせしますので、
これからもよろしくお願いいたします。

あ、、名前は、マル。

すべて丸く収まりますように。
[PR]
by ekosblog | 2013-03-17 11:51 | わんこ | Comments(2)

ドレス

d0044825_2303634.jpg


予定日より少し早い出産で、
Cちゃんが編んでいたベビードレスが途中になっていました。
仕上げを私が手助けして、完成。

ひな祭りに間に合わなかったけれど、
早く着せてあげたい。
もう少しの辛抱です。


d0044825_234212.jpg




+++


d0044825_224556100.jpg


今日もメジロやヒヨドリが来ていました。


マリがいなくなって一週間。
メジロの訪問を、夫と楽しみに観ています。


喜んだり心配したり。

悲しんだり泣いたり。

でも笑って、温かい春が早く来ますように。
[PR]
by ekosblog | 2013-03-02 22:47 | その他 | Comments(2)

日々のひとりごと        


by ekosblog
プロフィールを見る