<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

This is it

d0044825_18443491.jpg
今日は買い物にも出ず、
届いたDVDを観ながら編み物することに決める。
階下に行くのも極力控える。

夜編み物をするときは眼鏡をかけるが、
そうするといっぺんに度が進む感じだ。
昼間はなるべく裸眼で編み物。

間違える回数が増えてイライラ。
でも、これであきらめたらいけない。
何もしたくない~できない~と思ったらおしまいだもの。

それにしてもマイケルはかっこいい!
[PR]
by ekosblog | 2010-01-29 18:51 | Comments(0)

命日

d0044825_14492593.jpg





今年もお願いした型染めのカレンダー。
オマケについていたトラのカード。
今年は、次男、父、義姉が当たり年です。









週末は、妹の23回忌法要。
お寺で法要の後、私の家で食事しました。
両親と、私たち夫婦と次男、(長男は出張から帰れず)
それに東京の従弟夫婦が来てくれました。

母は10日ほど前からあれこれ準備。
と言っても、遺影や位牌を包んだり金封の用意だけなんですが。。
元の家から父のブレザーを取ってきたり、
二人の着る物を決め、お弁当の手配や粗供養の準備など
私もいろいろ気をもみましたが、
なんとか無事に終え、ホッとしました。

いざ食事の時、ではお父さん一言ね・・と父に言うと、
「うん。では・・おめでとう」だって!(^_^;)
え~~と皆が笑うと、「なんで集まったんやったかな?」
な~んてスッとぼけたのには呆れましたが、
まあ、お正月も集まりはなかったし、
父にとっては、その時その時が今・・・なんだと思います。
妹も笑っていることでしょうね。

相変わらず苦戦。。
[PR]
by ekosblog | 2010-01-27 14:49 | 暮らし | Comments(4)

ねむい

月曜は年に一度の婦人科の検診でした。
がん検査をしてもらい、その後いろいろ話します。
40代の女性医師なので、話しやすい。
近況を話すと、やはりまた漢方を再開しては?とのこと。
去年は途中でやめてしまったので、
またしっかり飲んでみようと思います。

で、そのせいかなんなのか、
ひど~く眠い。
朝も昼も夜も眠い。
ちょこっとソファに横になってもすぐ眠れる。
多分良いことなんだろうけれど、
なんだかだらけているような気がして。
昨日一昨日は、春の気温だったからかも。


ブログに書いたせいで、何人かの方からメールや電話をもらいました。
ありがたいことです。
皆さん頑張ってるだ~と、改めて思います。
もっともっと苦労している人が沢山いるのだから
と、頭ではよく分かっているのです。
ただ、私の両親の性格をよく知っている人に
これっておかしくない??こんなもの??
って聞きたい時が度々あるのです。
認知症の始まり?と思うこともあるので、
病院に連れて行ってみたいけど、
これが父母二人だとまた大変。
もちろん本人たちも拒否するし、、、
年相応・・と言えばそんな気もするし。

言っても仕方ないけれど、
妹が生きていたらな。。
週末は、23回忌の法要です。


  +++


長男が出て行ったことを、ふとした時に実感します。
洗濯ものが減った事や、
炊くご飯の量が減ったこと(父母の分の買い物は増えたけど)
お茶碗やマグカップを片づけたことや
コーンフレークは買わなくてよくなったことなど。
でも、当初のような寂しさはもうなくなりました。
少しだけ広くなった部屋を、有効に使いたいと思いつつ
整理する気力はまだ出ませんが。。

なにしろ、ねむたいなあ。。
[PR]
by ekosblog | 2010-01-21 19:21 | 健康 | Comments(2)

寒そう

d0044825_2134444.jpg




今年一番の寒さ。
カットしてきたマリも寒そう。






難波の銀行に用があって出かけ、
久しぶりにデパートをウロウロ。
どこもかしこもセールの文字だけど、買うものは無い。
目的だけ済ませて早々に帰る。
物欲が薄れてきたのは、良いよな悪いよな。元気がない・・ともいえる。


今日は父がデイに出かけたので、母は一人。
デイの日は、母は6時ごろから起きているらしい。
迎えが来るのは10時だから、8時でも十分間に合うのに
早く早くと父をせかして、少しヒステリー気味になる。毎度の事。
父が留守になれば、買い物したりして母の気分転換ができるだろう・・
と思っていたのだけれど、そうでもない・・のがだんだん分かってきた。
今の母には、父の世話・・以外にできることが無いのだ。
前日から気をもんで、眠れないほどイライラする。
なので父が出かけた後は寝不足、ぐったり疲れている。
デイは断れないのよねえ。。と小さく言った。
断れますけど、断りませんよ。

父は行く気だ。
別に友達ができたわけでもないけれど、
人と話ができ、お風呂に入れてもらえ、ちょっと体操してみたり。
家で一日ボーっとしているよりはマシ。
母や娘以外の人と話したい。外に出たい・
・・・なんだと思う。

週に二回の入浴ヘルプに、週に一度のデイ通い。
ヘルパーさんは男性で、お風呂の中では父の話を聞いてくれ
前後は母の相手もしてくれる。
若い男性はどちらかと言うと歓迎なのだ。(孫と比べたりしている)
私もその間掃除機を掛けたり、洗濯ものを片づけたりして
後半は任せて帰ってくる。

父は文句を言わず言われるままに過ごしているけれど、
母は本当はどれも面倒だと思っているに違いない。
でも、もしそういう事がなかったら、
父母は二人でひきこもりである。
ドアを開けて入ってくるのは私だけ。
せいぜいマンションの管理人さんと、近所の酒屋さん位しか話す人はない。
無理にでも他人に来てもらわなければ、まるで病院に入院しているようなものだ。

出かけていきたいけれど、足が弱ってそれもままならない父と、
気を使わない相手としか接したがらず、家から出たがらない母。
どちらかを優先すると、片方が上手くいかない。

二人の生活の見守り方、
これでいいの??
誰か私と同じ目線で考えてくれる人・・・いたらなあ・・
こういう両親を看ている人、お宅はどうしてるのですか??

毎日、毎時、こんなもの?これでいいの?が頭の中をぐるぐる回る。
[PR]
by ekosblog | 2010-01-13 21:34 | わんこ | Comments(0)

子離れ

タイトルに子離れ・・と書こうか迷いました。

バッグや手作りをし、ネットショップもして
やりたいことがいっぱいだったころ、
息子二人を早く追い出したくて仕方ありませんでした。
夫はともかく(笑)、息子の世話は早く卒業したい。
ずっとそう思っていました。

昨年末、急にどんどんと話が進み、
長男はあっという間に巣立って行きました。
せかしていたのは親の私たちだったのに、
いざ決まって出て行かれると、
思った以上の寂しさでした。

お嫁ちゃんも可愛いし、年齢からいっても丁度良い時期の結婚。
早すぎる事も、遅いこともなく、
数年後には孫も観れるでしょう。

今年は、両親も含めて
にぎやかで楽しいお正月をお迎えでしょうね・・・
というお年賀の添え書きが多かったのですが、
でも、、、なんだかすごく寂しい年明けだと感じたのは
多分夫も一緒ではないかと思います。
(事実元旦からほとんど夫と二人で過ごしたお正月でした)

特に息子の引っ越しの日までの一週間は、
くくく・・と、胸に込み上げてくる事が何度もありました。
予想外の展開です(笑)

次男と違い、なんでも自分でできるしっかり者の長男でしたが、
ちゃんとやっていけるのだろうか、
家族を守っていくことに不安はないのだろうか・・・
そんな心配までしてしまいます。


なんでも前向きが取り柄だった私。
どうにかなるさ!と、夫のお尻を叩いてきた私。
なのに、どうもこの頃いけません。。。

先に待っているのは、しんどいことばかりな気がする。
あれもしなくては。これもしなくては。
ああなったらこうして、こうなった場合はこうして。。
取り越し苦労ばかりしている今の私。
何かをしようとすると、動悸や息切れがして止まらない。
胃が痛い。幸か不幸か3キロも痩せた。。

更年期の症状と思われる事がすべて当てはまる。
( ◎の母 や ◎心 の宣伝の通り)
何か楽しみを見つけて気分転換しなくては。
でもそうは見つからないのよねえ。。。






d0044825_1648671.jpg


そんな私たち夫婦の
何といっても一番の慰めは・・
マリちゃんで~~す!(*^^)v






  +++

不景気節約モードの中、
雪国に行くために唯一新調したもの。
カシミアのハブサルレースの大判(130cm四方)ショールです。
軽~くてあったか~い。そして、エレガントです。
細いシルクの糸にカシミアヤギの毛をからめ、
太い針で手編みしたものです。
ずっと昔、編みたくて本を探したけど見つからずあきらめた物。
今ではもし見つけても、もう到底編めません。。。

d0044825_171516.jpg

[PR]
by ekosblog | 2010-01-08 16:48 | わんこ | Comments(6)

今年もよろしくお願いします

寒い年越しでしたね。
今年もまた平常の生活が始まりました。



年末、思い立って新潟に行ってきました。
親戚の経営するオーベルジュは、越後湯沢からひと駅の石打にあります。
先月BSで紹介され、無性に行きたくなって。
急な計画でしたが、なんとか段取りをつけて出かけました。

父母の事も気になりましたが、
長男も休みに入り、次男も夜は家にいるので
何かの時は駆けつけてもらえるでしょう。
(案の定また父が座り込んで立てなくなり、次男が助けてくれましたけれど(-_-;))
母も、滅多とない事だから行ってきなさいと勧めてくれました。




新幹線を乗り継ぎ、長いトンネルを超えると
本当にそこは雪国でした。。

d0044825_22454842.jpg



こんな雪を観たのは何十年ぶり??
夕暮れの空の中に、山ときれいなお月さま。




d0044825_22564923.jpg
夕方着いたので、早速ディナーの始まりです。
和食のようなやさしいフレンチ。
最近胃弱が続いているわたしのおなかにも
すんなり収まるメニューでした。



d0044825_230142.jpg

これこれ、魚沼のお米を鯛の出汁で炊いたおかゆ。美味しかった~。



満室だったこの日は、3時間のディナータイム。
他のお客様が引き揚げた後も、遅くまでいろんな話をしました。
何よりシェフとマダムのゆったりおおらかなもてなしは
都会のストレスを忘れさせてくれるものでした。
何年も会っていなかったのに
休まる、安心する・・・
親戚だから??同じ年だから??
夫婦は、都会のせわしい生活を捨て、
自分たちにできる範囲で仕事をして暮らす。
静かに、目の前のお客様だけを大切にする二人の仕事。
正直うらやましくなりました。


d0044825_22493951.jpg



(ヒヤ~顔出しちゃったわ~)


d0044825_23131425.jpg

朝。部屋の窓からは3方にスキーゲレンデが観えます。
夜もナイターのネオンがきれいでした。


d0044825_23191475.jpg


オーベルジュとは、宿泊施設のあるレストランのこと。
部屋に温泉が出るわけでもなく、テレビもなし。
でも、美味しい物をおなかいっぱい食べ、
美味しいワインを好きなだけ飲み、
眠くなったら寝ちゃえ~という、とても贅沢なレストランです。
でも、意外にリーズナブルなんですよ。
また行きたい。あの二人に会いに行きたいです。

帰りには東京の従弟の家に一泊し、
大晦日に帰りました。
年末に贅沢をしたので、お正月は質素倹約の日々。。(^_^;)

これからは父母の事もあり、長期の旅行は無理でしょう。
でもチャンスがあれば、今回のように思いきって出かけたいと思います。
楽しいことがあれば、しんどいことも乗り越えられます。
長く会っていなかった、昔はあまり話せなかった親戚を訪ねた旅は、
今の生活を、少し見直す旅になりました。

私たちも、頑張りま~す(*^^)v
[PR]
by ekosblog | 2010-01-06 22:35 | 暮らし | Comments(0)

日々のひとりごと        


by ekosblog
プロフィールを見る