<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

NEWデジカメ


昨日も今日もシトシト冷たい雨。
足も痛いので、車でスーパーに行ってきました。
近場でもなんでも、とにかく乗って慣れなくては。
今週は、母が胃の検査をするのですが、
付き添いを断られたので、結果を聞きに行く時に一緒に行くことに。
あまり行く行くというと、変に疑うので難しい。。。(-_-;)




d0044825_16311732.jpg
留袖のレンタル。

ピンキリでしたが、キリに近いほうのにして
その分(どの分?)でデジカメを新調しました。
前のは液晶画面が小さくて見にくく
バッテリーもすぐに切れます。
機種は迷った挙句、長男ご推奨の物に。
キムタクもお勧めですしね(*^^)v
これは携帯で撮った画像です。ボケボケ。





d0044825_16272619.jpg


NEWデジカメの画像。
本日のお昼ご飯。
前のの倍の画素数なのでやっぱりきれい??
[PR]
by ekosblog | 2008-09-30 16:34 | 暮らし | Comments(2)

悲から喜へ


忙しくしていました。
友達の死は、少しの予感があったとはいえ
あまりに早くて、もう一度会いたかった・・という思いが消えません。
昔の思い出が、次々と頭に浮かぶ毎日です。

でも、なぜか元気な1週間でした。
訃報の少し前まで私の中にあった、いろんなモヤモヤが
いっぺんで洗い流されたような、
クリアになって、再起動した・・・感じがしています。
(あ、パソコンは相変わらず突如シャットダウンしたりするのですが、
製造元に電話するのが面倒で(どうせ時間がかかるから)
だましだまし使っている状態です。)

亡くなった友達が、バ~ンと背中を叩いてくれたような、
そんな気がしています。
とにかく前進あるのみ。

コメント下さった方々、お返事しなくてごめんなさい。
友達のことは、これから折にふれて書いてくつもりです。
とにかく生きていることがありがたいです。



葬儀が重なり、延び延びになっていた結婚式の準備。
母からもらってきた留袖を、やっと広げてみたのは
友達の葬儀が終わった夜遅くでした。
葬儀の最中に開けてみるのはなんだかいやな気がして、
そのまま置いてあったのです。

ところが!広げてみたら、黒の色が褪せてしまっていたのです。
これは大変と、百貨店のきもの相談コーナーに持ち込み見てもらうと、
なんと、直すのに2ヶ月半かかると(*_*)
10月19日の挙式には、どうやっても間に合わせられません・・・と。。。
ならば洋装にするか??どんな服??
それともこの際留袖を新調するか、
仕立て上がりの物でも買うか、
あれこれあれこれ考えた挙句、結局レンタルを利用することになりました。
義姉や友達でも、貸してくれるという人はいましたが、
寸法のことや、返す時の事を考えると、
レンタルが一番気軽で楽だろうと言うことに。
季節がら品薄になっていたこともあり、
やっと決めて予約してきました。あ~思わぬ誤算。

留袖を着る結婚式自体、少なくなっているこのごろですが、
ではさて親族は何を着るか??となると、難しいものですね。
それに黒・・・という色の難しさ。
喪服も同じですが、保管など十分気をつけないと
私のようにあわてることもありますから、注意注意。

そんなこんなで、毎日出歩き
家にいる時は縫物もしていました。
忙しくしていると、体は疲れるけれど
頭が冴えてきます。
余計なことはそぎ落とし、動ける幸せをかみしめて。



d0044825_16455679.jpg
私の結婚式の時の母。
実家はこの後いろいろあって
着物の手入れなどできない状態でした。
でも、作家ものの手描き手刺繍。
今でもあまり見かけないようなモダンな絵柄です。
思い入れのある留袖なので、
直して大事にしようと思います。
写真もセピア色に色あせています。
[PR]
by ekosblog | 2008-09-29 16:49 | 暮らし | Comments(2)

ご心配おかけしました

友達は旅立ちました。
襟巻は、二日間時間を見つけては編み続け、
小さいながらもなんとか仕上げてお通夜の日に持っていきました。
靴下、カーデガン、マフラーなど欠かせない寒がり屋さんだったので
きっと喜んでくれていると思います。

3日間、夫ともども通い、
久しぶりの他の友達にも会い、話し、
皆でいればさびしくない気がして、
懐かしい昔話に、転げるほど笑いながら、
一人いない友達を偲び泣いてしまう・・・そんな日々でした。
すごく悲しくて、そして楽しかった。
サヨのおかげだと、みな言っていました。ありがとうね。


昨夜はさすがに疲れて、お彼岸もお墓参りだけにさせてもらい
帰り道にはなんとも言えないむなしさでいっぱいでしたが、
会った友達のそれぞれの言葉を励みに、
皆頑張っていくことと思います。
私もしっかりやっていこう。


PCはどうも変で、ブルーバックが出てしまう。
息子の言うには、それは大変と。
今もそろそろとこわごわ書いている状態です。

なので、メールもブログも
チェックはできても、いつどうなるか解らないので
お返事は、しばらくご容赦ください。

少し落ち着いたら、PCの製造元に電話をして修復するつもりです。

来月の結婚式の準備があります。
気持ちを切り替えて、頑張ります!
[PR]
by ekosblog | 2008-09-24 10:59 | 暮らし | Comments(0)

お休みします


編み始めたストール。
間に合いませんでした。
今日、できるだけ編んで仕上げて、
棺に入れてあげるつもりです。

もう一度会えるつもりでいました。
とても悲しく、とても残念。



加えてPCの調子がおかしいので、
しばらくお休みさせていただきます。
[PR]
by ekosblog | 2008-09-22 10:40 | その他 | Comments(3)

反省

d0044825_21283738.jpg

最近、なにかと人と比べて
後ろ向きになっている私。。。
反省。

昨日の森光子さんのお話もよかったな。

そう!徹子の部屋に出たブイヨン。
動くブイヨンは、思ったより活発!
当り前か。。(^_^;)









d0044825_2136849.jpg


メールしても返事が来ない友達。。
体の具合はどうかなあ。
寒がりの彼女に、、、編み始めました。
[PR]
by ekosblog | 2008-09-19 21:37 | 暮らし | Comments(2)

原毛です

d0044825_18512964.jpg

うすーいグリンのひつじさん。
ニュージーランドのお土産。
ピンクッションだけど、
針を刺すのは可哀そう。
原毛だから針がさびないのよね。

原毛と言えば、16日の富士丸君はサイコー
父ちゃんの苦労、、解るなあ。






  +++


昨日のバッグ。皆さんに褒めていただいてうれしいです。
バッグなどの再販のお尋ねもいただきました。

HPのギャラリーを改めて見てみると、
ほんとにたくさんの物を作ってきたなあ・・・と。
また作ればいいのに・・と言われますし、
確かに作れば置いてくださるお店もあると思います。
ネットでの販売を待ってくださる方もたくさん。

自分でも、できそうな気もするし、
手や足や目や・・いろんな事で、無理かなぁ・・・とも思う。
布を探して回る元気がない。

そんなことより、買っていただける物を作る・・ことの責任や、
体と家事と、母たちとのことなど、
私が自分自身をやりくりすること・・・に自信が持てないのです。

いつでもいい・・と言われても、受けたらすぐに取り掛からねば気が済まない。
取りかかったら、完成させてしまいたい。
そのためには、あれをやってこれを済ませて。
せっかちで、枠にはめたい性格。
自分で自分を追い詰めてしまう。

作っている時、その時・・・は、とても精神状態が安定しているけれど
どうも前後のやりくりが下手なんですね。

その上、手作り作家さんがすごく増えて、
素晴らしい作品がいっぱい。
私自身が自分の才能では物足りないと感じているのに、
人様がお金を出して買ってくれるような物を作れるのだろうか。

そんな事を考えていると、疲れてしまって
結局以前のようには作れない・・のです。

これなら・・・と思える物が作れた時は、ここで見ていただきたいし
それが欲しい・・と言ってくださる方があって、
材料などモノのやりくりと、暮らしのやりくりがついた時は、
喜んで作らせていただきたいと思っています。

なんだかすごく我がままなことですが、
しばらくは、現状のままでやっていこうと思います。
[PR]
by ekosblog | 2008-09-18 18:53 | 暮らし | Comments(2)

やっぱり。。

d0044825_20242539.jpg

仕上げてしまいました。
編んだモチーフを留めて
ビーズも刺して・・・と思ったけれど
結局ビーズはナシ!
麻にラメ加工してある布だけで
結構インパクトありなので。
サブバック・・・ですからね。





d0044825_20281666.jpg

持ち手は革。
ゴールドにしようかシルバーにしようか・・
すごーく迷ったので、両方使うことに。
金と銀といっても渋くていい色。



d0044825_2031416.jpg



裏側は1列だけ。




d0044825_2032414.jpg



片方のポケットは、薄い藤色のレース。
裏布は、どっしりしたアンティーク風の麻です。
29cm×33cm マチ4cm いつもの定番サイズ。




久しぶりにオリジナルを作れて満足。
でも、ちゃーんと伝票整理もしましたよ~
それに、次男の部屋とリビングのカーテンを洗いました!
家事と好きなことのバランス・・・が取れると、気分が晴れます(^.^)
[PR]
by ekosblog | 2008-09-17 20:36 | 作る | Comments(2)

早手回し

d0044825_16205727.jpg

長男の友達は、今年結婚ラッシュ。
従兄を含め5組の招待状。
他にも二次会パーティにも何組か。
お祝い貧乏必至です。

君もそろそろ考えてるのかい?




昨日の続きですが、私の支度が一番大変なのは決まってます。
男の人は、礼服と、きれいなシャツがあればOK。
が、3人(夫と息子二人)がいっぺんに列席となると、
ネクタイも3本いるわけで、
せっかくなのでポケットチーフもおしゃれなのを・・・と揃えたら結構な金額。
いろいろ大変な秋になりそうです。
でも吉事なので、なんだかワクワク。


d0044825_16274027.jpg

留袖一式と、バックと草履はありますが
サブバックが必要・・・と、
ぼちぼちと作り始めました。
吉祥模様に見えるかな・・と思うモチーフで。
やり始めると早く完成させたいし、
毛糸もので編み物もしたい・・と気持ちは動くけど・・

伝票整理もしなくては。。。(-_-;)
[PR]
by ekosblog | 2008-09-16 16:30 | 作る | Comments(2)

今はこれ!

d0044825_2022072.jpg
ただいまお気に入りのおもちゃはこれ。

マリの足はもうなんともありません。
病院に行った直後から、もう足をかばうこともなく
でももらった薬を3日飲んだら
皮膚に赤い斑点が。
薬疹???とりあえず薬は止めました。
こまめに足を洗ったりして、
病院(初めての病院だったので)も行ってません。
基本的には薬を飲ませるのはいやなので
このまま様子を見ます。


心配するとキリがないけれど、
毎日様子を見ていれば、大体のことは解ります。

ミミのとき、近隣で一番・・と言われた病院に通っていたのですが
治療に間違いがなかったかは、未だによく解りません。
マリはずっと元気で、予防注射だけなら一番近所のところがいいと通っています。
でも、いろいろ聞くと、とにかくどの病院でも、院長に診てもらうこと・・と。
このあたりは動物病院がたくさんあって
若い先生が五万といるのです。イケメン先生を売りにしている病院もあるとか。
でもやはり、それなりの年齢の、経験豊富な先生に診てもらわないとだめです。
こんどもし変だな・・と思ったら、、、
どこへ連れて行こうかな。。




10月に甥の結婚式があります。
夫の兄(住職)の長男。一家で初めての結婚式です。
留袖を着ることになり、髪を伸ばしてパーマをかけました。
何年ぶりだろう。着る服の雰囲気が違って見える。
ほんとはブイヨンのお母さん風に、ショートヘアで・・・と思ったけれど、
やっぱり樋口可南子さんになれるわけもなく、、、、
アップヘアにするのは、約10年ぶり。
喪服もずっと洋装にしていたので、和服を着るのが10年ぶり。
ひと月後ですが、今からいろいろ準備をしています。
どうなることやら・・・



そうそう、ブイヨンちゃんが「徹子の部屋」に出るらしい!
ほぼ日の徹子さんの連載も、すっごく面白いな~
今夜もディロンを観たかったけど、野球が。。。(-_-;)
録画したのを一人で観ようっと。

お葬式からの疲れも出たし、
心の内と外、ちぐはぐ、仮面をかぶっていたような気もする・・・連休でした。
[PR]
by ekosblog | 2008-09-15 20:14 | わんこ | Comments(4)

偲ぶ

今週は秋晴れの毎日。
日差しはまだまだ暑くても、朝夕の風が冷たくホッとします。

週明け、先日お見舞いに行った叔母の姑さんが亡くなりました。
100歳でした。
病で苦しんだのではなく、
介護施設に入所していながら、家族の面会の絶えることなく
天寿を全うしたおばあちゃん。幸せだったと思います。

私の父は長兄(当主)なので、
叔母の実家として、通夜も告別式も出席。
他の叔父叔母たちも高齢なため、連絡や取りまとめなど、
すべて私が引き受けてすることとなりました。

100歳の大往生といえるおばあちゃんのお葬式。
親族も孫とひ孫がほとんどなので、
おおむね明るく、和やかな(と言っては変ですが)お葬式でした。


私はたぶん、人よりも葬儀に出席した経験が豊富(これも変な言い方)だと思います。
PTAの役員をしていた時は、学校中の訃報が入り、
週に2度も出向いたこともありました。
宗派はちろんいろいろ、規模もいろいろでした。
そして身内では、妹や甥との別れ、逆縁も経験しています。

お寺の縁戚がある・・ということで、相談を受けたりもします。
これ・・という決まりのないことなので、お返事のしようもないのですが、
何度か経験し、見聞きしたことをお話したりします。
お香典のこと、供花のこと、租供養のことなど、
こういう葬送の儀・・・に、変に慣れてしまっている自分に
なんだかおかしな感じがしました。
おまけに昨日など、お経に来て下さった住職さんの前で食事をすることになり、
一人でお相手をさせられてしまいました。。困った~(汗汗)

昨日はそのおばあちゃんの葬儀に参列しながら、
もうしわけないけれど、別の人の事を偲んでいました。
一昨年の2月に60歳で亡くなった母方の従兄のことです。
しばらく病気と闘っていましたが、
叔母の葬儀の折は参列してくれて、
供花の集金を私が受け持って動いていた時、
「礼子、ご苦労さんだね。ありがとう」と、やさしく声をかけてくれました。

女4人姉妹の真ん中に生まれたその兄は、とても穏やかで優しい人で、
私は一人大阪に離れた従妹にもかかわらず、
たまに会った時には、こういうお兄さんがいたらなあ・・と思うような人でした。
礼子・・・と呼び捨てにされるのも、遠いけれど、近しい人・・という感じで
なんとも心地よかったのです。
それなのに、その従兄の通夜にも告別式にも行けなかったことが
今でもとても心残りです。ごめんね、お兄ちゃん。

葬儀・・・あの特別の儀式の流れのなかで、
その従兄の事が、すごく懐かしく偲ばれた昨日でした。
[PR]
by ekosblog | 2008-09-12 10:56 | 暮らし | Comments(2)

日々のひとりごと        


by ekosblog
プロフィールを見る