青春そのもの

雲ひとつない秋晴れ。
風が心地よい休日でした。お月さまもきれいでした。
来週からは、週末ごとに予定が入っているので
この連休は体を休めるのに徹しました。ダラダラと・・・



夕方、NHKで全国学校音楽コンクールの決勝の模様が放送されました。
昨日は高校生の部。
またこの時期が来たんですね。

私は高校3年間、合唱部に在籍していました。
府内でも特に音楽に力を入れていた学校で、
合唱部と吹奏楽部は、コンクールでもいつも府内で上位を争っていました。
数期上の卒業生には、赤い鳥やハイファイセットの
山本俊彦(潤子さんのご主人)さんもいたんですよ。
(一度だけ学校にいらしたことがありました。)
入学式のとき、正門前で歌うそのハーモニーはとても素晴らしく、
すぐに入部したのでした。

発表の場は、年に2,3度の合唱祭と、文化祭。
そして何といっても最大の目標は、NHKのコンクール。
それに向けての練習はとても厳しく、
夏休みは合宿もあり、貧血で倒れる部員もいたくらいです。
運動クラブにも負けない、熱気あふれる活動でした。

私はソプラノ。そして、ソプラノパートで群を抜いて上手かったのが
先日亡くなったサヨでした。将来声楽家を目指していました。

1年坊主の夏。
コンクール出場は、2年3年生なのですが
メンバーが一人足らない。
1年から誰か一人を・・・となり、
サヨと私が候補に挙がったのです。
小さなオルガンのあるレッスン室で、一人づつ呼ばれてテストされて。
古い木造の、アーチ形の窓のある小さな部屋。
今でもはっきり覚えています。ドキドキして声が震えました。

結果は・・・
私が選ばれたのです。
サヨは、上手過ぎた・・・声がきわ立ち過ぎたのです。
上級生の中に、違和感なく混じれる声・・・
という理由で、私が1年ではたったひとり、コンクールに出たのでした。

2年になって、部長(男性)や副部長(女性)、役員や各パートリーダーが交代する時期。
その時も、当然サヨがなるであろうと思われた副部長に、
ちょっとした理由から、私が選ばれてしまい彼女はパートリーダーに。
技術の面からいえば、それが正解だったとは思えるのですが、
私は、、、、とっても複雑な思いでした。

でも、その後も何のいさかいもなく、私たちは仲良く部活に励みました。
その年には、大阪府で1位という成績もおさめることができ、
私の高校生活は、学生時代の中で一番充実した、楽しい、
青春そのもの・・・でした。

サヨは音楽の道にに進み、
晩年は、ママさんコーラスの指導に生きがいを感じていたようです。
10数年、会わない時期があったのですが、
必ず年賀状のやり取りはしていて、その他にも文通は頻繁にしていました。
メールなんてなかったし、、、、
彼女からの手紙は、まだ出して見ていません。見れません。

でも、昨日テレビで歌う高校生を観たとき、
懐かしくて悲しくて、涙が止まりませんでした。
コンクールのメンバー選出の一件についても、
本心を聞いてみたことはありませんでした。
あの時、どう思ったん??聞いてみたかった。

夕暮れ時に、音楽室からロッカーに行き、
そこから正門を出るまでの廊下で、
よく二人で歌ってハモりました。
すっごくきれいに歌えた。校舎に声が響いて、とっても美しかった。
懐かしくて懐かしくて。

d0044825_17364685.jpg
探してみたら、ありました。
楽譜のバインダー。
課題曲の楽譜が、全部取ってありました。
今度他のメンバーと集まったとき、
持っていこうと思います。
見ると、今でも歌えるから不思議。

今日は朝からずっと雨。
泣いてしまった一日。
[PR]
Commented by hiromi at 2008-10-14 19:30 x
こんばんは~とても素敵な思い出ですね。こちらも朝から雨が止みません。季節がめぐってくると思い出す事柄はたくさんあったほうが良いと思います。ekoさんとまたお会いしたいですよ~。
Commented by ekosblog at 2008-10-15 09:39
hiromiさん、おはようございます。今日はいいお天気!
秋は大好きな季節ですが、物悲しい季節でもありますね。
でもね~私、あまり昔のことをたくさん覚えている方ではないの。
友達がいろいろ言っても、覚えてないことばかり。。。(^_^;)
by ekosblog | 2008-10-14 17:02 | 暮らし | Comments(2)

日々のひとりごと        


by ekosblog
プロフィールを見る