聞き取り調査

昨日の午後からということで、早めに実家に行きました。
前日、秋に甥の結婚式があるので
母の留袖を借りたいから・・と話しておいたので
さっそくに出してみたらしく、和室に揃えてありました。
調査が来るからまた後日に・・・と言ったのにもかかわらず(-_-;)

部屋もこざっぱり片付いていて、
私は内心、やっぱりね。。。という思い。

時間通り調査員の方がみえ、
約1時間ほどかかって、父、母それぞれに聞き取り調査がありました。
日常のこと、病歴、体の様子等々。
腕の上げ降ろし、指の動き、足の調子、耳の聞こえ、等々。。
調査員の人は、私と同年代くらいかと思います。
母たちの話に歩調を合わせ、
世間話を加えながら、上手に聞いていかれます。
プリントに記入しながら、チェックを入れながら、、、
大変なお仕事だなあ・・なんて、思ってしまいました。

住所は?と聞かれた時に
母が少し緊張して、町名から答えたのが(!)だったくらいで
父など、聞かれもしない昔のことまでペラペラと喋りだす始末。
いつもどおり、、、

父が転んだり、トイレの事などで母に世話をかけることなど
私もいろいろ現状を話しましたが、
それ以上には、大袈裟にも、嘘をつくこともできず、
調査は終了したのでした。

手続きの手順としては、
その聞き取り調査の結果を、調査員がチェックシートに記入。
まずはコンピューターにかけて、程度を判断し
かかりつけの医師にも、調査票の提出を依頼し、
それも合わせて判定員が数名で協議して、認可の程度を決めるそうです。
その際には、整理番号だけで処理され
誰にも不公平や不正のない結果が出される・・・のだそうです。

結果の通知は、約一ヶ月後。
文書で郵送されるとのことでした。

やっぱり、、まだ自立・・という結果が出るのではないかと思います。
特に母は、事前の電話などにも受け答えし
部屋もきれいになさっていて・・と言われてしまい
介護、介助のかの字も必要ないと思われます(^_^;)

父は、ひょっとすると、要支援(予防)の結果が出るかも。
いや、出ないだろうなあ・・・

2年ほど前から、判定の基準がとても厳しくなったそうです。
本当に必要としている人に使われるべき制度だし、
早めに手助けすると、却って甘えて老化するから・・とも言われました。

もし自立・・という判定だとすると、
将来また申請の時は、今回と同じ手順を再度踏むそうです。
そうだったら、なんだかくたびれ損・・・という気もしますが、
でも、それも説明してもらって、
私もとてもよく理解できたので
決して無駄ではなかったと思います。

父も母も、
やっとしっかりパンフレットにも目を通し、
調査員の説明も理解したようです。
解った上で、まだまだお世話にはならず、
自分たちでできるだけ頑張っていこう・・・
と思ったようです。
なんだかカンフル剤だったような気もします・・・疲れたけど・・・

私もなんだか疲れてしまって、
帰ってきてからも、のぼせと動悸息切れが止まらず
食事のあと、思わずソファに横になりました。
気持ち的にはそんなにストレスを感じなかったのに、、、、

今日はやっと一人になれたので、
FMを聞きながら縫物をしました。ほっとする。
パンを買いに、車で行ってみようか・・・と思ったのですが、
そんな事を考えていると、また胸がドキドキ・・
暑いけど、自転車をこいで出かけました。
途中にあった花屋さんを観たり、雑貨屋さんを冷やかしてみたり。
そんな事をしているときは、動機も息切れもしないのです。

でも、その分他の用(マリのシャンプーなど)が遅くなってしまい
夕飯の支度が遅れて、またイライラ・・・ドキドキ・・・

こういうのって、病院行っても治らないですよね。






d0044825_21251470.jpg

ほぼ日のポロシャツを買ってみました。
糸井さんが、飛行船で着ていたやつ。

欲しかったのは夫ですが、
今回のは着れないサイズ(恥)
なので息子用です。








d0044825_21282894.jpg



ワイヤープランツの新種。
葉が小さくて、ピンクの
斑入りです。
陽ざしに向かって
つんつん上を向いて。
かわいい。
[PR]
Commented by hiromi at 2008-06-18 22:01 x
ekoさんへ
こんばんは、結果をどうであれ少し進んでよかったじゃないですか。もし自立だと聞いても、逆に励みになって気持ちがしゃきんとするかもです。お疲れがでませんように・・・おやすみなさい。
Commented by na_nase at 2008-06-19 08:29
おはようございます~
いろいろ大変でしたね。

うちの父は五十前に半身不自由になっているので介護認定はスムーズ(?)でした。
でも聞き取り調査前に一応、「出来ないのに出来るふりだけはやめようね、気持ちはわかるけど」と釘をさしちゃいました(^^;ゞ
やっぱり人様にはちゃんと見られたい、というプライドがあって…その気持ちはわかるんだけど、今の状況を正しく把握してもらわないとね。。。

調査員にしてもケアマネージャーさんにしても、福祉に関わる方々のお年寄りの話を聞く忍耐強さには、ほんと頭が下がります。

Commented by eko at 2008-06-19 09:43 x
hiromiさん、おはようございます。
進んだ・・と言っていいのか(^^ゞ
でも私としては、なんだかすこし負担が軽くなったような気がしているのです。
何でも私一人で・・といつもいつも頭にありますから。
何をしても、思った以上に疲れて困ります。情けないわ~
Commented by eko at 2008-06-19 09:49 x
ななせさん、おはようございます~。
そうでしたか。そんなに早く。
父も以前軽い脳梗塞をしていて、その時に取れば・・と
知人から勧められたのですが、幸い後遺症もなかったのでそのままに。
今回、やはり日頃より頑張っていたように思いますよ。
本当は、もう少し人手を借りても・・と思うことがたびたびありますもの。
そこが難しいところですね。
ほんと、調査員の方はすごい。
でもね、その方、目が真っ赤に充血してられて。。。
ほんとはきっとしんどい思いをしてられると思いました。
今日は雨ですね。紫陽花、きれいですね~(*^_^*)
by ekosblog | 2008-06-18 21:30 | 暮らし | Comments(4)

日々のひとりごと        


by ekosblog
プロフィールを見る