心地よい秋晴れの日に

13日の朝、父が亡くなりました。
満88歳でした。今日が初七日。

食事が取れなくなって約2ヶ月。
最後の病院では40日ほどお世話になりました。
目は開けなかったけれど、前日に母を会わせる事ができましたし、
出張に出る直前の孫にも会えました。

最後は、看護師さんと私とで看取りましたが、
眠るような、穏やかな死でした。

葬儀場までの道は、秋晴れで雲の高い綺麗な青空。
運転手さんに頼んだわけでもないのに、
大阪城のお堀の前の、父の母校の前を通ることができました。
きっと喜んでいたと思います。

悪戦苦闘の私の介護。
気に入らない事もあったと思うけれど、
最後は皆に来てもらえて、父の大好きなお天気の良い日で
しかもちゃんと連休の時に葬儀ができるように・・・
私を労ってくれたように思います。

いつも優しかった父に感謝。

これからはお母さんをちゃんと看るからね。
安心してください。

ちょっと残念なのは、父にとって二人目のひ孫の誕生には間になわなかった事。
今日が予定日ですが、、、まだかな。
男の子らしいので、
父にそっくりな子が出てきたらビックリしちゃいそう(^^ゞ

ちゃんと私達に楽しみを後回しにしてくれ、
励ましてくれているような、
そんな気がしています。
[PR]
by ekosblog | 2014-09-18 16:11 | 家族 | Comments(0)

日々のひとりごと        


by ekosblog
プロフィールを見る