入所

一昨日、父母は老人ホームに入所しました。
二人一緒、二人部屋に入ることができました。


退院した父は、思ったよりも元気を取り戻し、
病院食で減量もできたためか、歩行器で歩くこともできるようになりました。
でもトイレは間に合いません。無気力さも相変わらずで、ほとんど口をききません。

父が戻った事で気が抜けたのか、
母はますます出来ないことが多くなり、
思いつきで外に出たり、時間構わず私を呼んだり。

以前のようにお弁当を頼んでも受け取れず、
数時間の留守番も気がかりで、私は父母にかかりっきり。

どちらか一人、出来れば二人一緒に施設に入れないか。
グループホーム、有料老人ホーム、
数件見て回り、たまたま見つけた家の近所のなんとか条件の合ったホームに決めました。
決めてからも、ほんとにこれで良いの?間違ってない?可哀想?
いや、もう限界、、、、の気持ちの繰り返し。



父が入院してからの約一月半。
これまでの人生で、一番の辛い経験・・・と言っても良いと思います。
マリが亡くなった時のペットロスから続いてしまったのかもしれません。

夜何度も目が覚め眠れない。
朝起きてから、夕方暗くなる頃まで
激しい動悸、息切れ、不安感、焦燥感に襲われ
吐き気やめまいにも悩まされました。

お腹は空くけど、食べられない。
果物ヨーグルト位しか喉を通らない。
食べ物が美味しくないから、夕飯の献立が思いつかない。
何をやってもうつろな感じで、身体がふらついてしまう。

お医者さまにも相談し、安定剤も呑みました。
暇さえあれば横になり、どうしてもしなくてはならない料理と洗濯のみをして、
父母の調子の良い時は、このまま在宅で看られないかと考えたり、
調子の悪い時は、やっぱりダメ、投げ出したいと叫びたくなり。

父の弟妹の後押しがあり、私の友達の手助けがあったから決められたこと。

でも最終的には私一人で決めたこと。

4年前に階下に呼んだ時とは、雲泥の差の決め事でした。
今回は男前にはやれなかった。


一昨日、父母をホームに送り出し、
午後からテーブルや椅子、テレビと衣服を運び、
一応引っ越すことを納得した父母を置いてきました。
とうとう送り出してしまったと。
その夜も眠れなかった。
もう父母の帰る家はないのです。


昨日、恐る恐る面会に行くと、
父はいつもどおり新聞を広げ、
母は私の顔を見ると、

あら、あんた来たの~もう来ないのかもと思っていたわ。
ここは良いわよ~みんな親切だし、部屋は綺麗だし。

心底ホッとした。

昨夜は朝まで目が覚めず、起きても動悸がしない。

こんなゆっくりした週末はいつ以来だろう。

まだまだこれから。
でもまずは行動し、私は父母の手を離した。
これからは、自分の身体を元に戻し、
父母が少しでも長く二人で穏やかに過ごせるようサポートして行こう。

終点の見えない悪路かもしれないけれど、進みなさい。
そう言って励ましてくれた周りの人に感謝するばかり。

一人で決めたことだけど、とてもとても重い決断でした。

どうか、良い選択でありますように。
[PR]
Commented by ekosblog at 2013-07-07 21:21
非公開でコメントくださった方々。
ありがとうございました。
読ませていただいています。が。。なぜか消えてしまいました。
入所前とは全く違った日々を送っています。
食欲も出て来ました。本当にありがとうございました。
Commented at 2013-07-08 02:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mimaka at 2013-07-10 18:38 x
私も同じ経験をしましたがどうあっても後悔は付きまといます。
どうか介護に費やした時間と体力気力を自分に使ってハッピーになってください。
どこへ行っても親子、距離が出来たので優しく接することだってできますよ。
ご夫婦での入居は何よりでしたね。
Commented by ekosblog at 2013-07-10 21:30
mimakaさん、コメントありがとうございます。
はい。距離・・・大切なことでした。
二人一緒はなかなか難しかったのですが、幸いなんとか合う条件のところが見つかりました。先はどうなるかわかりませんが、少しでも長く一緒にいられたらと思います。
私も、少しずつ、自分の楽しみを再開したいです。
by ekosblog | 2013-07-07 00:42 | 家族 | Comments(4)

日々のひとりごと        


by ekosblog
プロフィールを見る