ゲリラ豪雨

今年は何度もあります。急な雷雨。
今日は買い物途中に降り出し、
雨宿りする暇がなかったので、自転車を置いて自宅へ走りました。
ずぶ濡れ。洗濯物びしょ濡れ。窓から雨吹き込み。
トリプルパンチ。


d0044825_1947960.jpg





これは数週間前の雷雨の後で見えた虹。
十数年ぶりに観たな~
ベランダから見ていると、道を行く人は誰も気づいていなくて
思わず虹ですよ~って叫びたくなった。 けどやめた(笑)












寝る前、どうぞ朝までゆっくり眠れますように・・・と思う。
パジャマではなく、ワンピースの部屋着を着て寝ている。
いつでも外に出られるように。

先日から父がベッド脇に座り込み、立てなくなって呼ばれる事が何度も。
夫と行って引っ張り起こすと、ケロリとしているので大事ではないのだけれど
何せ夜中の2時半とか3時半、明け方5時過ぎとかで、

その上マリが起きだして吠えて夫を起こす(いつも起き抜けにおやつをもらうので)
マリもやっぱりボケてきたのかな^^;

そんなことが続いて、ちょっと参った。

父に電動ベッドをレンタル。
もっと早くに借りれば良かった。それでも立ち上がるのが難儀。
他にもいろいろと世話が必要。

母もさすがにどうしようもなく、私達にも迷惑かけるとへこんでいる。


数ヶ月後に遠方で2回結婚式がある。
次男の披露宴(すでに入籍済み)も12月。
6月にあった東京での従弟の娘の結婚式には日帰りしたけれど、
こんな調子では長時間の留守は気がかり。

ヘルパーさんに観に来てもらったりしたけれど一日安心とはいかず、
時間の経過が分からなくなった母は、食事の支度もままならず。。

息子たちが居るとはいえ、今回のように総出で結婚式出席などは無理ということになる。
気になりながら列席しても、楽しめもしないから断ろうかとも思う。

ケアマネさんに、ショートステイの相談をする。
父は問題無いけれど、母が承知するかどうか。

でもいつかは利用しなければ、私は身動きできない。
病気にもなれない。

母に話してみる。二人で留守番は無理でしょう?と。
さすがに母もどうしようもなく、一応、分かった・・と。

とは言えはっきり理解できないから、毎日のようにどこへ行くのか聞く母。
老人ホームに入れられるのでは?とも思うらしい。

カギを掛けて泊まりに行って、また帰ってくるのよ・・と何度も説明する。
行く前に私も一緒に見学に行くし、
事前にお試し泊もするからと、同じ事を繰り返す。

まだ何ヶ月も先の話だから・・と言っても、
何しろ時間の経過がわからないから納得しきれない。
昨日納得したことも、今日は忘れて知らないと言う。

寒くなってから・・、まだまだ何日も先の話だから・・・繰り返す毎日。疲れる。
前はこれに疲れて、もういいや・・と諦めた。

嫌だろうとはわかっている。
でも他にどうしようない。他に看てくれる人はいないのだから。
私に悪いと思ってくれるなら、一泊か二泊、我慢して下さい。

父はショートステイもきっと問題なく行ってくれるだろう。
母も少しずつ慣れて、そのうちデイサービス、そのうちショートステイ・・・

先週から父母二人で通所リハビリに通いだした。
父はさすがに足の弱りを自覚し、外に出たいと言う。
ならお母さんも一緒に・・・と考えこむ暇を与えず決めてしまった。

今日はその2回目。
父は頑張ってトレーニングしているらしく、
母はわけもわからず3時間を過ごしている様子。
父や他の人の様子を、ただただびっくりして見学しているような感じらしい。

もう自分たちで何も決められないから、
娘がこうしろというのに従うよりない。

こういう父母との暮らし方。
もっと他に方法は無かったかしらといつも思う。

朝昼夜、なんの心配もなく一日を過ごしてみたい。
一晩ぐっすりと眠ってみたい。

この暑さに疲れも出て、、、思う毎日。
[PR]
Commented by mimaka at 2012-09-16 15:12 x
あああ~(泣)って読みました。ご存知だと思いますが私の過去と同じです。気持ち充分理解出来ます。発狂したい位の拘束感だと思います。先の解らない親との関わりは自分の将来まで希望まで失くす。夜中に起こされ昼間はぼ~っと頭が重く何もする気が起きない・・でも頭の中はパンパンに張りつめて袋小路にハマってしまっている。親だから・・・が一番ネックになっているのです。自分しか介護する人がいない・・と思い込む・・そして追い込まれる。今思えば私は介護することで自己満足していたような気がします。それって何のためにも誰のためにもならない。今は我がご老人様、施設で穏やかな顔しています。職員さんは決して嫌な顔しないし優しいし・・・・でも私が行くと、そうですね~30分位経つと「もうここにはいられないみたい」ってなんとなく「帰りたい」コールをアピールします。でも私、この自由で平和な時間は無くしたくありません。自分勝手?かわいそう?・・・いろいろ葛藤はありますが「これでよし!」と自分に言い聞かせ帰って来ます。どうかご自分を大切にしてください。辛い時苦しい時は距離を置くことを考えてショートステイに無理やりでも行っていただいてね。



Commented by ekosblog at 2012-09-18 12:28
mimakaさん、こんにちは。
ご心配掛けます。そうですよね、mimakaさんも同じ思いをなさった。
ベッドを替えたら一応今のところ夜中の呼び出しはなくなりましたけど、
この先良くなるわけではなく、もっと衰えるわけですから。

でもこうしてコメントいただいたり、メールくださる方もあって、
思う通りやりなさいと、自分を大切にしなさいと言っていただくと、
なんだかホッとして、安心します。ありがたいです。

いろいろ迷っても、やっぱり一人ではどうしよもないので
いろんな人に助けてもらうつもりで動きます

いつも気にかけてくださってありがとうございます。
mimakaさんもお元気で暮らしを楽しんでくださいね
by ekosblog | 2012-09-15 00:33 | 家族 | Comments(2)

日々のひとりごと        


by ekosblog
プロフィールを見る